創業・開業・起業時の中小企業のための集客できるホームページの作り方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

すでにホームページをお持ちの中小企業の方で、思った結果が出ていない場合にも重要な考え方でもあります。「ホームページは24時間働く営業マン」「契約の9割の要素をホームページが決める」と言われることがあります。

>あなたにも出来る、ホームページの作成した後に見てもらう5つの方法。

いまでは、業種を問わず企業がホームページ作成する時代です。ホームページは求める結果や表現によって 会社の仕組みの中でホームページを作成することが求められます。

創業・開業・起業時のサイト制作のやり方

極力コストを抑えていく方がよいのか、または相場価格以上に予算を投下してアクセルを踏むのかなど自社のサースや商品、または契約単価や粗利から計算して作成するのか、ホームページを作成する前の 予定(計画)の中でホームページを作成することでしょう。

ホームページを作成が当たり前になったこの時代によくある失敗例があります。
せっかく綺麗にホームページを作っても、ホームページが見てもらえない」という悩みを抱える企業です。 最初に描いていた結果からほど遠い、意味を持たないホームページを作成してしまった例です。

逆に、ユーザに見てもらえるような、ホームページを制作することや、見てもらうための対策を 行うことへも目を向ける必要が失敗しないための重要なポイントにもなります。

安くホームページを作成すること、相場以上でホームページを作成すること、そこが重要なポイントではなく、いかにして見てもらうための対策と一緒に取り組むことです。

創業時には、ホームページを作成して持つだけでも意味がありますが、持つだけで意味があるのは数か月です。やはり、事業を進めるための本当にメリットを感じるには成果を感じれることが重要でしょう。

>福岡の事業者必見!失敗しないweb制作会社の選び方

3つの成果で確実に階段を登る

成果には、大きく3つあります。

1つ目は、「ブランディング
2つ目は、「集客
3つ目は、「育成(アップセル/クロスセル)」

それぞれ目的や手段も異なる内容もありますが、事業へビジネスとなるためのステップ、顧客の心理的なステップでもあります。

最近では、Instagramが普及していることからイメージ(画像や動画)で興味関心につながる傾向にあります。 そのため、ブランディングという、誰も知らない会社や個人の方を認知(認識)してもらい、その会社のイメージを知ってもらうことが重要になっています。

ブランディングが浸透し、確立していくと必然と「集客」につながり、ユーザーがあなたの求めているサービスや商品をストレスなく購入したり、サービスをうけてくれるようになります。

一方で、集客!集客!と「集客」に特化していく場合はメッセージやコピーも、その瞬間に購入行動をしてもらうために存在させる必要があります。昔でいえば、「即決」を複数のお客様へこちらから求めていく行動が必要になります。

ここでいう「育成(アップセル/クロスセル)」は、ブランディングや集客ができた後の顧客に対するアプローチを指しています。今後、人口減少なども含めて考えると囲い込みも行うことで新規顧客獲得以外に一度購入やサービスを受けた方へ、すぐにアプローチできる環境も大切になります。

本来は、3つを同時に行い(スタート時には、1と2)を仕組化することで継続的に「右肩」に成長していきます。

そもそも事業を始めるにあたってホームページは必要なの?

資金力がない中小企業やスタートアップ企業にとってこそ必要です。
その理由は3つあります。

1つ目:ビジネスチャンスの機会損失を失わない

「あなたが何か依頼しようと思ったら、提携先を探すとき、ホームページはどこかのタイミングで見ている」

2つ目:オープンな自社メディアになる

「ameblo・Twitter・Facebook・Instagramは、それぞれのメディアに属するユーザーへアプローチとなる。ホームページは開かれた場所で1つ記事投稿が影響を持つメディア」

3つ目:情報発信のコアとなる

「軸をホームページにすることで、無料SNSへの情報を発信できる。各メディアの客層に見てもらうことができる」

つまり、ホームページを作成することは、事業をスタートした段階で情報を届けることが必要になります。異業種交流会などだけで、伝えていくよりも配信量がまったく違ってくるのです。

情報を配信し、探しているユーザーにキャッチアップしてもらい悩みのあるユーザーの解決につながったり、そのきっかけを与えていくことになるのです。

※先日、ある会社からこのような相談をいただきました。「ホームページをリニューアルして、もっとお客さんに弊社のことを知ってもらう必要がある」と。

理由は、

これまで、ホームページは名刺的にあったが「お客様からホームページ見たら分かりますかね?ホームページとかに乗ってたら見ときます。Facebookはいつも見てますが、個人かと思ったら株式会社で結構人数いるんですね。どんな内容の仕事なんですか?」など声が年々増えてきたからだそうです。

時代の流れには逆らえません。うちは、ホームページしっかりしたのを作っても意味がないという10年以上前の時代と一緒にすると大きな機会損失になります。実際に、採用強化をするために某有名な〇クナビや〇イナビに掲載しても求人が来ないという会社が増えてます。

その理由の大きな要因は、

ホームページが古すぎて情報が親切ではない、会社の中が見えない」つまり不安を感じてしまっているということなのです。

ホームページをつくるとき、業者に頼むか?自分でつくるか?

本来は、自分で勉強して自社でつくる方がよいと思います。餅は餅屋という考えがありますが、事業を進める上では専門化に依頼するのがスムーズで結果は早いのは間違いありません。

業者に依頼するということは費用が発生しますが、その点のメリットとしては情報も知ることができ業務に関係するデータもとっていくことができるでしょう。
一方で自分で頑張っている方はその分の費用が抑えられるという点があります。

ホームページのテンプレートのシステムを販売している会社は、「自分たちでホームページをつくる方がよい」と言います。ホームページを制作する業者は「業者に任せる方がよい」と言います。

両方の意見は正解ですが、わたしの見解としては、

会社の考え方や取り組める体制」から判断するべきです。

例えば、

・ホームページは作れるがマーケティングや広告は外注
・ホームページは作れるが、思う結果が出ないからコンサルに入ってもらう
・ホームページは作れないからホームページ作成からマーケティングまで外注
・ホームページは作れないからホームページ作成は外注、ただ記事投稿は自分たちで情報配信

やっぱり重要な「SEO対策」の具体的な対策とは?

ホームページをつくるとき、よくSEOの話になります。SEOとは、”Search Engine Optimization” の略であり、検索エンジン最適化を意味する言葉です。
検索結果でホームページがより多く露出されるために行う一連の取り組みのことを”SEO対策”と呼びます。

では、なぜSEO対策が重要だ不要だと言われ続けるのか?

いまはgoogleが検索エンジンでは軸となります。そのgoogleがホームページをクロール(巡回)して検索順位の評価を行い順位を変動させてます。

そのためのクロールの方法が、定期的に代わり(アルゴリズムの変動)、SEO業者を否定する会社や順位変動を受けた会社による風評などがネット上に多くなり

そんなめんどくさいことになるなら、SEOは置いといて別の対策だと言ってます。

検索上位で表示されると、検索10位の中の3位までで7割のクリックを占めます。そのため、10位以降は死んだも当然とうことを言われてしまうのです。そのような会社も突然上位に表示されたり、急に圏外になることも。

その理由の一つがアルゴリズムの変化に対応できないホームページということです。

― 具体的に上位に表示されるようにするにはどうすれば良いのか?

いまは、コンテンツマーケティングという手法が主流になっています。
簡単に言えば、ユーザーが求めている情報を、投稿していきましょうということです。

ただ記事書くだけではなく、ホームページの構造から検索されやすくする導線までしっかり設計された状態でとなりますが、やはり良いコンテンツは検索に左右されずに上位で表示されやすくなります。

以前までは、外部リンクを故意的に増やしたりしていましたが、そのような対策は、崖から飛び降りるようなものなので、、注意が必要です。

よいコンテンツを書くことで、ユーザーに評価されてシェアされたりすることで
評価されて検索に良い影響があります。最初にやること、これから取り組むことが「ユーザーが求める情報を配信する」です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

制作費0円のサービス資料ダウンロード

ホームページを活用し、客観的な視点で的確なアドバイスや低コストで集客できる環境を作り上げていきたいと思いませんか?

・すぐにホームページ立上げたい
・低予算でHP制作したい
・初心者で右も左もわからない
・HP制作後に相談もしたい
・ホームページを活用したい

10人以下の小規模企業・個人事業主向けです。「創業・起業・開業」時にリクスを無くホームページ活用を考えている方必見。


資料ダウンロード申請する

SNSでもご購読できます。

対応業種

全業種の一般事業会社 | 事業法人 | 工場 | メーカー | 小売 | 病院 | クリニック | 歯医者 | 歯科医院 | 獣医 | 法律事務所 | 会計・税理事務所 | 美容関連 | 美容室 | 美容院 | ヘアサロン | ネイルサロン | マッサージ店 | エステサロン | 設計・デザイン事務所 | 建築設計事務所 | ジム | スポーツクラブ | 介護 | 介護施設 | 老人ホーム | 福祉 | 旅館 | ホテル | 学校 | アパレル | 物販 | 物流 | 製造業 | 整骨 | 整体 | 不動産 | 住宅展示 | 旅行業 | 貿易商社 | クラブ | クリーニング店 | 便利屋 | 飲食店 | 寿司屋 | 日本料理店 | 中華料理店 | ラーメン屋 | レストラン | 焼き鳥屋 | 焼肉店 | そば・うどん屋 | カフェ・喫茶 | バー | 料亭 | 居酒屋 | 太陽光発電 | ペット・動物 | 印刷 | 出版 | プロダクション | 音楽グループ | 金融・保険 | 教育 | 学習塾 | 幼稚園・子供関連 | 運送会社 | 建設会社 | コンサルタント | 工務店 | リフォーム業 | 農業 | 水産会社 | 畜産 | 食品 | ゴルフ場 | 広告業 | 警備 | 自動車整備 | 修理 | 楽器店 | 家具店