異業種交流会をビジネスにする効果的な方法。

営業活動の一環として、異業種交流会へ参加することはありますか?
もし、異業種交流会に参加してビジネスにつなげようとしているのであれば
意味のある方法をお伝えします。

 

異業種交流会の参加は2017年に辞めました。

 

理由は、

・もうビジネスにつなげるための戦略が終了した
・アプローチが終了し、不要になった

上記の理由から辞めました。

 

その際に、必死に異業種交流会で自分のPRして
必死に商材やサービスの説明をしている方がいた記憶があります。

ただ、ほとんどがビジネスにつながらずに
終わっていました。

 

異業種交流会でビジネスにつながらない原因

 

異業種交流会でビジネスにつながらない原因や
飲み会だけの単なる交流になっている根本的な理由が理解できて
いなければただ必死に頑張っている人になってしまいます。

社長業をされている方にとっては、
いつかビジネスにつなげるために飲み会や交流したり
することだと思います。

また、異業種交流会をビジネスではなく人脈つくりとして
参加しているケースもあります。

ただ、これも辿ればビジネスにつなげるためのです。

ビジネスにつなげることができない5つの原因。

 

とても大切なことなので、以下を参考にしてください。
時間は限られています。飲み会だけで、盛り上がって
終わるのはただのお金の無駄使いです。

◎異業種交流会をビジネスにつなげれない人の原因

 

・1回の異業種交流会で何十枚も名刺交換しても覚えていない
・たった数回の異業種交流会に参加しても信頼関係が気づけない
・コミュニケーション力があってもあなたにお金を支払いサービスを受ける緊急性ある理由がない
・その場で提案しても響かない
・皆が同じ方法でPRしても頭に入ってこない

つまり、信頼関係がない中で情報を伝えても
右から左へ情報が流れていきます。

人の前で話すための勉強として参加するのであれば
成長につながることでしょう。

しかし、やはりビジネスにつなげるために
参加しているものです。

異業種交流会をビジネスにするたった一つの方法

 

◎異業種交流会をビジネスにする

・異業種交流会では名刺交換とメールリストを集める

ただただ、これだけを行うのです。
わざわざ、覚えてもらう必要はありません。
メールリストを集めていくという目的で参加します。

その後に、メールリストをリストアップして
メールマーケティングを行いメール営業を行っていくことです。

人は何度も接触すると、必然と気になっていきます。
異業種交流会に月に2回参加するよりも、メールで
週に2回程度、ためになる情報を配信していきます。

こうすることで、見込客となるリストがでてきますし
必要性が高まるタイミングで、あなたが選ばれるようになります。

異業種交流会であなたの事は忘れていても、
気になる情報は人は必要とします。
その情報の先にいるのがあなたになるという事です。

ぜひ、参考にしてみてください。