web集客の初心者が最短でホームページから集客する方法とは?

お客様訪問前に
博多のcafeにて。

web集客の方法を探す前にやるべき3つのポイント

 

企業でホームページから集客する場合に、
例えば担当者であれば、まずは以下を分析し今の
状況を理解しましょう。これができていないと
何をやっても集客にはつながりません。

もし、集客できたとしてもアルゴリズムの変動に
よってアクセスが低下した場合や、何かしらの原因で
反響がなくなったときに、回復することもできず
また0からスタートすることになります。

①事業理解
②ユーザー理解
③ホームページの状態

 

御社の事業理解をしよう!

 

すでに、何年も何十年も経営されている会社であれば
あるほど、この事業理解はやっていない傾向にあります。
それだけ、web以外で集客できていたり、紹介があるなど
わざわざ集客する方法を考えないことがあります。

しかし、最近ではどんな企業であっても、
webを見られて判断することもあり、ブランディングや
集客をwebを活用して取り組もうとしています。

その中で、事業理解をすることで
ただ、ホームページをつくるだけではなく
どのようなホームページがあることで意味が
あるのか、必要なポイントでホームページをどう
活用するのかなど必要なポイントがわかります。

事業理解とは、御社の仕事内容
その仕事を必要としている会社や人、
その方が現在、どのような経路で相談されて
仕事につながっているのか。今の課題や今後は
どのような流れでどんなことに興味をもってもらうことで
ビジネスの成長につながるのかを理解してください。

経営者は、未来を描きますが、社内に入ればいるほど
未来をみずに今の業務のみをこなします。それは、必要なことですが
webで展開するためには、未来を描くことで見えてくることが
多々でてきます。

ユーザー理解を深めよう!

 

事業理解をした後は、ユーザーの理解を深めることです。
ペルソナという言葉を聞いたことがあると思います。
御社の興味あるターゲットを掘り下げていくことです。

具体的にしていくことで、具体的な表現方法や
コピー、コンテンツや問い合わせの導線まで明確になります。

ですが、あまりにも細かくしすぎるとわからなくなるため
以下くらいの内容をいくつもつくります。

 

・商圏(ターゲットエリア)
・年齢(30代~60代とか広くしない)
・会社規模(個人の場合は、働いている職場環境)
・その会社や人が好んでいること
・その会社や人の悩み

 

このようなかたちで具体的にします。
すると、ホームページをつくる場合には色や
必要なコンテンツなどがでてきます。

ホームページの状態を知ろう!

 

ホームページがある場合は、googleアナリティクスを
設置して今のアクセス状況や問い合わせ経路、良く見られている
ページ、問い合わせ実績、どのような感じで問い合わせがあっているのか、
問い合わせが無い場合は、なぜ来ていないのかを自分なりに分析します。

これは、仮に業者に相談した時にも理解している場合と
そういう観点があるのか、共通意識を持ちやすくなり
業者に依頼してもスムーズに進行します。

ホームページが無い場合は、前項の項目を明確にして
いることで相談した際にも伝えやすくなります。

よくあるのが、解析もしておらず
ただ名刺代わりだったホームページだから
キレイにオシャレにという要望だけで相談されることがあります。

これは、絶対にやめるべきです。
ただ、キレイいにするだけであればOKですが、
少しでも集客していく意識がある場合は、ホームページを
つくった後に必ず、相違がでてきます。
原因は、作った人や業者の理解と、御社の求めることや
基準、分析が伝わっていないからです。

 

わたしは、どんな状況であっても
理解から深めます。その理由は、これらの相違を
うめることで、運用していくという点でうまくいき
webサイトで集客しやすくなるからです。