より分かりやすく!自社ホームページの内容を一部修正

SEO対策

知らないと300万損をする

 

弊社では、WEB業界で約10年以上で培った経験と実績をもとに確実に収益をアップさせるための(ビジネスに直結)SEO対策を軸として必要なタイミングで必要な施策を提供し続けてきました。メインサービスは、SEOに関する取り組み(上位表示対策や、記事コンテンツ作成代行、検索対策(音声検索含む)等)を代行や実施していただいております。身体で例えるなら、不摂生な食事は、体を滅ぼします。WEBサイトも同じように不要な対策や無理なSEO対策、その他により不健康なサイトは検索から嫌われます。いまのサイト状況を調査し、必要な施策を提案し確実に成長するための適切なアドバイスから行います。

 

seo対策 意味

 

初心者の方や企業担当者の方は、ホームページからの問い合わせアップや低下など会社の業績にかかわる責任ある立場の方ですと、ネット会社からのアドバイスや知り合いの方、ネットサーフィンをして調べるとseo対策に関する記事にも触れる機会が多いのではないでしょうか。まずは、そのseo対策 基本を知ることはあなたのホームページの反響をアップさせるポイントになるため重要なスタートです。

 

検索エンジン最適化とは、検索エンジンのオーガニックな検索結果において特定のウェブサイトが上位に表示されるようウェブサイトの構成などを調整すること。また、その手法の総称。 サーチエンジン最適化ないし検索エンジン対策とも呼ばれ、ウェブポジショニングと同義である。 —ウィキペディア–

 

seo(search Engine Optimization/サーチエンジンオプティマイゼイション)とは、GoogleやYahoo!等の 検索エンジンで、より有利な表示のされ方を目指し自然検索結果でのユーザー獲得を目指す、という意味です。

 

一般的には、●●というキーワードで上位で表示されるなど、会話レベルですと使われます。(※実際には、上位表示する事ではなく、特定の関連するキーワードでユーザーにアクセスしてもらうために最適な環境をつくること)

 

アクセス数アップ

 

アクセス数をアップする方法は、seoだけではなくsnsを絡めたり、リスティング広告や、動画コンテンツでユーチューブからのアクセスを増やすなどでアクセスをアップさせる方法はあります。しかし、根本的にseo対策をすることで結果的にアクセスがアップしますが、seoだけをする事で問い合わせなどの反響につながるというのはイコールではありません。

seo対策でアクセスアップする理論としては、巷(ちまた)で言われる特定のキーワードで上位表示されるためだけではなく、ビジネスにつながるためのあらゆる関連するキーワードでの対策の結果によってアップします。

 

  ・更新頻度

 

よく、自社で皆でホームページにアクセスすれば、seoとしての結果が得られるといった勘違いをされます。逆に、同じ人がアクセスをしていることは無意味です。更新頻度は、ブログを更新したりすることで、重要になります。できることなら、毎日記事をアップするくらいが良いと考えますが、今はコンテンツマーケティングという中身を重要視した検索評価になっているため、中身の無い日記のような記事を毎日更新してもseoとしての意味はないに等しいでしょう。逆に、日記のような記事を毎日更新することで、アクセスした方への情報配信としては意味をもちます。

 

  ・キーワード選定

 

世の中には、無料で「キーワード検索ツール」が公開されているため誰でも検索ワードを調べる事ができます。キーワードの選定は、seo対策行ううえでは大切だと考えています。関係ないという内容を配信している記事も見受けますが、論理的に考えてクローラー(google等がホームページを評価する仕組み)の特性を考えると必ずキーワードを読みこみ評価基準に入れています。ただし、複数のキーワードを何個も入れたらseoとしての最適化が行われるというのは間違っているので注意が必要です。キーワードを複数入れすぎることで逆に順位が低下することもあります。

 

※googleで具体的にこうすれば絶対に上位に上がるというのは、世界中のスペシャリストを探しても存在しません。知るのは、google先生のみとなります。

 

  ・ホームページ制作結果がseoの評価につながるのか。

 

いまは、どこもホームページを持っていると思います。seo対策として、ホームページの作り方(レイアウトやスマホサイトがあるかないか)で評価が変わります。今は、googleも公開しているように、スマーフトフォンサイトがあるかないかで言えば、ある方を評価すると言われています。同時に、レイアウトもレスポンシブサイトなどの影響で決まってきつつありますが、最低限レシポンシブ化に向けて準備が必要です。

 

しかし、卵が先がニワトリが先かになりますがseo対策を先にしてビジネスになるかどうかを社内で検証し、売り上げ見込みが出た段階でレスポインシブ化でもまだ遅くはないと考えます。これは、予算などに応じて対応するほうが望ましいでしょう。

 

違法営業に注意

 

当社では、自社サイトでbtob向けの事業としてホームページを通じて販売サイトを保有し運営しています。その中で、インターネット関連会社からテレアポイントの営業電話をいただきます。その中には、総合的なプロモーション営業や、seo対策で上位表示しませんか?というお電話を頂きます。しかし、残念ながら9割以上の電話営業は状況を確認せずにネットで公開されている電話番号へ手当たり次第連絡しています。そのため、仮にあなたの会社のホームページが何かしらの問題点と危機感を感じている場合には、注意が必要でしょう。中には素敵な会社もあると思いますが、大きな会社規模のIT会社が多いため規模や実績という点だけでは判断せずに冷静に検討するほうが望ましいと感じます。

 

 

SEO意味ないの?

 

以前から知っている、ある会社からある時連絡がありました。「ネット集客のサポートしてほしい」という相談でした。状況として、

 

・キレイなホームページ持ってる
・写真もたくさん保有してる
・反響を得たい客層も明確
・競合他社の対策も理解していた

 

上記のことから、やはりseo対策の根本的な強化をご提案しました。しかし、その会社は「seoは古くないですか?いまはインスタ集客とかsnsで何かやれないですか?」この回答でした。残念ながら、いわゆる流行に飛びついて集客できないパターンに入ろうとしていました。もちろん、snsは大切で今後も伸びる重要なツールですが、目的として無料でできること考えたんだと思います。結果的に、その会社さんは倒産したようです。

 

いろんな考え方がありますが、seo対策はgoogleなどの検索エンジンが存在する限り必要な事だと考えています。新しい評価基準への対応は必要であっても、古いから対策しないというのはネットでビジネスをして長期的な効果や成果を上げるのには必要不可欠なのです。

 

集客の方法

 

全体的に「集客」を本質的に伝えますと、集客するためには考え方や、取り組む体制、商品・サービスなどで変わります。1社1社違うというのが正しいのですが、軸となる事は変わりません。その根本的な考え方や集客の効果や成果、反響を得るためにはseo対策があると考えます。

 

短期で結果を得たい場合や、中期的な計画での取り組み、長期で得たい結果など各社の考え方や経営方針にも大きく影響するでしょう。一番厄介なのは、知り合いの会社が、フェイスブックだけで反響だしている!seo対策をしたら1週間くらいで上位表示した!などの他人の芝は青く見えるを他人に発している場合です。個人的には、そのような方はその結果を出した会社に依頼してみた方がよいと思っています。しかし、大半は失敗に終わるため進めませんが・・・・。こういう現象は、いつの時代も変わりません。インターネットで集客という全体像から見ると、短期的な結果に焦点を当てない方が結果が得られやすくなります。特に、seo対策を行う場合には今だに、評価を落とす対策に飛びつく方がいます。

判断は自由ですが、経営判断を間違えないように慎重に判断しましょう。

 

●中小企業は、seo対策をアウトソースするほうが効率がよい。

 

費用対効果として、ホームページの制作から運用までを外部で委託するのは失敗する可能性もあるため人材がいる場合は自社で簡単な修正や情報発信できる環境をつくる方がよいでしょう。特に、ホームページの部分的な修正をたまに外部に委託はよいと思いますが丸投げして、「うちのホームページはどうなってんだっけ?」という社内で管理できてないのであれば無駄金を捨てているのと同じです。キレイなホームページも良いですが、会社の中身をコンテンツとして配信していくには、ネットでどんな事を発信していくのがユーザーにとってよいのか考えられるようになります。seo対策の場合には、当社も行っているような「seo対策のための取り組み」だけであって、デザインなどのクリエイティブな部分はスポットで依頼するのが良いと考えます。

 

●seo対策にリスティングをして2倍速

 

時間は過ぎていきます。seoの場合には、即効性ではなく確実に枝葉を増やして、ビジネスにつながるための対策を継続的に着実に行るルーティン業務だと思っています。ここに、即効性というスパイスがリスティング広告になります。この2つを同時に行ったり、タイミングを見てリスティング広告予算を確保して試すことで即効性や、取り組んでいたseo対策の早いデータ取得、ネットマーケティングという観点でよい結果を得やすくなるでしょう。

※不要なデザイン変更は、意味を持ちません。その予算があれば、seo対策に投じたほうが賢明でしょう。

 

トップページへ戻る

 

今すぐ相談する!